「Aterm WX3000HP2」と「Aterm WX3000HP」を徹底比較し,評価を解説!

ルーター

NECから新しいルーター,Aterm WX3000HP2が2022年2月10日に発売されました!
でも,もともとNECには,Aterm WX3000HPというコスパの良いルーターがあります。

では,「WX3000HP2」と「WX3000HP」には,どんな違いがあるのでしょうか?

先にお伝えしますが,「Aterm WX3000HP」の方がコスパが良いです!
この記事で,理由を詳しく解説していきます。

NEC HPから引用

「Aterm WX3000HP2」の注目スペック

  • Wi-Fi6対応で,無線の同時通信に強く,通信速度も速い!
  • ネットワーク分離機能で、ウイルス感染や不正アクセスに強い!
  • IPv6(IPoE)対応で高速通信が可能!

上記の通り,「WX3000HP2」は,一般家庭で利用するルーターとしては,ミドルスペックであり,おすすめです。

しかし,上に挙げた機能は,すべて「WX3000HP」と同じです。
では,結局は,「WX3000HP2」と「WX3000HP」は何が違うのでしょうか?

created by Rinker
¥11,816 (2022/09/29 12:47:31時点 楽天市場調べ-詳細)

「WX3000HP2」と「WX3000HP」の違い

違いは以下の通りです。

 Aterm WX3000HP2Aterm WX3000HP
ネットワーク分離機能対応(デフォルト)対応
Wi-Fi5の最大伝送速度1,201Mbps1,733Mbps
子機・中継機機能なしあり
最安価格(2022/2/19)11,708円8,980円

上記をみて頂ければ分かる通り,実は「Aterm WX3000HP」の方が性能が上なんです。
しかも,価格も安いんです。

理由としては,「WX3000HP」の方が,Wi-Fi5の最大伝送速度が速いです。

ということは,Wi-Fi6に対応していない端末をお持ちの方は「WX3000HP」の方が速い速度で通信が出来る可能性があります。

また,「WX3000HP」は子機・中継機機能を搭載しています。

例えば,電波が遠くまで届きにくいときに,対応している機種を増やせば,「WX3000HP」を中継機として利用し,電波を届く範囲を広げることが出来ます!

どんどんネットの重要性が増していく上でこの機能は非常に重要です。

「WX3000HP2」がなぜこの機能に対応していないのか気になるところです。

しかし,「WX3000HP2」の良い部分としては,ネットワーク分離機能がデフォルトで設定されているということです。

この機能により,セキュリティが向上するので,それが工場出荷時点から有効になっているのは助かりますね。

最後に価格を見てみましょう。

現在の価格(2022年2月19日時点)では,「WX3000HP」の方が約2,000円安くなっています。

スポンサーリンク

「WX3000HP2」と「WX3000HP」どっちがおすすめ?

おすすめは,「Aterm WX3000HP」です。

なぜ最新モデルより旧モデルの方がオススメなのでしょうか?

NEC 無線LANルーター Aterm WX3000HP PA-WX3000HP

上記でも説明しましたが,Wi-Fi5の最大伝送速度が「WX3000HP」の方が速いですし,子機や中継機機能も搭載しているので拡張性があるからです。

しかも,価格も「WX3000HP2」より安いです。

しかし,ややこしい設定をせずにセキュリティを重視したい人は,「WX3000HP2」の方がいいでしょう。

フォルトでネットワーク分離機能(リモートワークWi-Fi)が搭載されているので,簡単にセキュリティを向上させることが出来ます。

created by Rinker
¥11,816 (2022/09/29 12:47:31時点 楽天市場調べ-詳細)

では,「WX3000HP2」と「WX3000HP」の違いとおすすめについて解説しました!
ぜひご自身にあったルーターを利用してください。

新しいルーターを検討中の方は下記の記事もぜひ参考にしてくださいね!
価格別おすすめルーター8選

コメント

タイトルとURLをコピーしました