RT-AX56UやArcher AX50(AX3000)を買う前に読んで欲しい!コスパを徹底比較

ルーター

この記事では,ASUSのエントリーモデルのWi-Fi6ルーターであるRT-AX56UとTP-LinkのエントリーモデルのWi-Fi6ルーターArcher AX50(AX3000)を比較してどちらの方がコスパが良いかを比較していきます。

ぜひどちらかのルーターの購入を検討している方やコスパの良いルーターを探している方は記事を参考にしてください。

スペック比較表

 RT-AX56UArcher AX50(AX3000)
Wi-Fi速度最大1201Mbps最大2402Mbps
Wi-Fi6対応対応
WAN LANポート1Gbps1Gbps
メッシュ子機化可否対応非対応
価格(2021/7/1)10,590円9,800円

上記が簡単にスペックをまとめたものです。

まず,Wi-Fi速度は,Archer AX50(AX3000)の方が上です。

アンテナ本数は同じですが,Archer AX50(AX3000)は,160MHzに対応しているので,スペック的には,速いといえます。

しかし,3番目のWAN・LANポートは同じ1Gbps対応なので,Wi-Fi速度がいくら速くても,1,000Mbps以上は出ませんので,このWi-Fi速度の違いはあまり意味がありません。

また両方とも最新のWi-Fi規格である,Wi-Fi6に対応しているので,Wi-Fi性能もほぼ同等です。

ここまで考えると,価格も安く少しでも性能が高いArcher AX50(AX3000)の方が良いのではと考える方も多いかもしれません。

しかし,個人的には,RT-AX56Uの方がおすすめです。
このあと詳しく書いていきます。

RT-AX56Uの方がおすすめの理由

それは,今後さらに高性能のルーターに買い替えた場合もメッシュWi-Fiの子機として利用できるからです。
上記の表の4番目に書いているとおりです。

エントリーモデルのRT-AX56UやArcher AX50(AX3000)を購入しても,今後利用端末が増えたり,自宅のインターネット環境が変化したりした場合,メッシュ環境を構築したいと思われるかもしれません。

Archer AX50(AX3000)の場合は,メッシュ機能に対応していませんので,メッシュ環境を導入しようとすると,メッシュ対応製品を新しくすべて購入しなければなりません。

しかし,RT-AX56Uなら,AiMeshに対応しているので,同じAiMeshに対応しているASUS製のルーターを1台購入するだけで,メッシュ環境を構築することができます。
AiMeshについての公式サイトはこちら

購入後も柔軟に利用状況に合わせてネット環境を検討出来るのは,大きなメリットです。

長い目で考えるなら,RT-AX56Uの方が少し高いですが,コスパ的には良いでしょう。

でも,少しでも安く,ルーターも新しいものが発売されたら買い替える予定なら,安く性能の良いArcher AX50(AX3000)でも良いかもしれません。

では,RT-AX56UとArcher AX50(AX3000)を比較してみました。

ぜひこの記事を参考にご自身にあったルーターを選ばれてください。
Archer AX73を買う前に読んでほしい!同性能の他ルーターと比較してコスパは良いの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました