WSR-1500AX2Sの価格は?コスパも含めて徹底解説!

ルーター

出来るだけ安くても,長く使えるしたルーターがほしいと思っている方はいませんか?

そんな人のために,BUFFALOのWSR-1500AX2Sはおすすめです!
この記事では,そのWSR-1500AX2Sの解説しています。

WSR-1500AX2Sの注目のスペック

・Wi-Fi6対応のエントリーモデル

エントリーモデルですが,Wi-Fi6対応です。
Wi-Fi6は,「OFDMA」と「TWT」という機能に対応しています。

「OFDMA」は,同時通信時の安定性が向上します。

1つの通信で複数の端末に同時通信出来るため,複数の端末を同時に使っても,複数人で動画視聴しても安定しやすくなります。

また,「TWT」はスマホなどの電力消費が少なくなります。

このようなWi-Fi6の機能は,インターネットの重要性が増してくるこれからには必須の機能といえます。

・EasyMeshに対応

EasyMeshは,EasyMesh対応のルーターや中継機があれば,他社の機器であってもメッシュ環境を構築することが出来ます。

仮にこのWSR-1500AX2Sより高性能なルーターを購入しても,EasyMesh対応機器であれば,メッシュ環境を構築できるのは,大きなメリットです。

EasyMeshについては,下記記事で詳しく解説しています。
最近よく聞くEasyMeshってなに?プロバイダーの中の人が解説!

その他スペックは次の項目で記載および比較しています。

WSR-1500AX2Sはコスパは良いの?

同じく2ストリームタイプのNEC製のルーターである,「Aterm WX3000HP」比べてみました。

 WSR-1500AX2SAterm WX3000HP
最大伝送速度1201Mbps2402Mbps
Wi-Fi6対応5GHzのみ5GHz・2.4GHzとも
WAN LANポート1Gbps1Gbps
バンドステアリングの性能
EasyMesh対応非対応
価格(2021/8/14)6,980円13,717円

注目すべき点として,Aterm WX3000HPの方が高性能のように見えますが,価格も約2倍です。
コスパ的にはどうなんでしょうか?

まず,最大伝送速は,Aterm WX3000HPの方が2倍の速度です。
同じアンテナ数ですが,Aterm WX3000HPは,160MHzの通信帯域に対応しているため速くなります。

しかし,実際は,WANポートが1,000Mbpsのため,1,000Mbps以上の速度は出ません。
そのため,最大伝送速度の差は実質ありません。

Wi-Fi6の対応としては,Aterm WX3000HPが2.4GHz帯も対応しているため,この部分は,Aterm WX3000HPの方が性能は上といえます。

また,バンドステアリング機能も,WSR-1500AX2Sは,電波強度でしか切り替わりませんが,Aterm WX3000HPは混雑度にもより切り替わるため,Aterm WX3000HPの方が良いでしょう。

しかし,上記でも説明した,EasyMeshにAterm WX3000HPは対応していないので,その部分ではWSR-1500AX2Sが良いでしょう。

ここまで書いてきた要素と価格をすべてを考慮すると,Aterm WX3000HPよりWSR-1500AX2Sの方が圧倒的にコストパフォーマンスは良いです!

性能自体は,Aterm WX3000HPの方が良いですが,約2倍の値段は残念ながら高すぎますね。
逆にいうとBUFFALOのコスパがすごいと思います。

まとめ

WSR-1500AX2Sは非常にコスパが良いルーターです!

出来るだけ安くて,長く使えるルーターをお探しの方は,WSR-1500AX2S一択でしょう。

ぜひ検討中の方にお役に立てれば嬉しいです。

WSR-1500AX2Sの公式ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました